HMB クレアチンサプリメントおすすめ3選|効果実感の選び方

瞬発的なパフォーマンスが求められるアスリートにおすすめしたいHMB(βヒドロキシβメチルブチレート)とクレアチンが配合されたサプリメント

HMBとクレアチンを同時に摂取すると相乗効果があると研究結果もありHMBとクレアチンを同時に摂取できるサプリメントが人気です。

目次

HMBとは

hmb ( βヒドロキシβメチルブチレート) は必須アミノ酸のロイシンの代謝産物であるαケトイソカプロン酸の誘導体です。

HMBのエビデンス

HMBはタンパク質の合成を刺激しタンパク質分解を減少することが臨床試験により発表されています。

クレアチンとは

クレアチンは体内で生成される窒素有機化合物で身体の全細胞へのエネルギー供給をサポートします。

HMB クレアチンを同時に併用する相乗効果はある

デウスト大学による「HMBとクレアチンの併用が男性耐久競技者の運動による筋損傷および同化/異化ホルモンに及ぼす長期的影響について」の研究においてテストステロンの増加傾向が見られました。

参考文献:Long-Term Effect of Combination of Creatine Monohydrate Plus β-Hydroxy β-Methylbutyrate (HMB) on Exercise-Induced Muscle Damage and Anabolic/Catabolic Hormones in Elite Male Endurance Athletes

HMB クレアチンサプリメントの選び方

クレアチンではなくクレアルカリン®配合のサプリを選ぶ

クレアチンを身体的機能を向上させる目的で摂取する場合は摂取方法に注意しなければなりません。ローディング期間と呼ばれる摂取を始めてからの5日間は通常毎日1日20~25gを5日間摂取し、その後メンテナンス期間と呼ばれ維持するために1日の摂取量を2~5gにしなければなりません。

またこの期間では水を1.8Lを飲むことが推奨されています。このような面倒な摂取方法を解消したクレアチンが「AII AMERICAN PHARMACIUTICAL社」が開発したクレアチン・モノハイドレート「 クレアルカリン® 」です。

クレアチンとクレアルカリンのメリットやデメリットなど比較しているので興味ある方は参考にしてみてください。

クレアチンとクレアルカリンの違いを徹底比較

1日の推奨摂取量が摂取できる設計の製品を選ぶ

hmbとクレアチンには1日に摂取すべき推奨の量があります。HMBは1日に1.5~3gの摂取量が推奨されています。

クレアチンはローディング期間であれば1日に 20~25g でメンテナンス期間であれば 2~5gとなります。クレアルカリンは1日1.5gが推奨量となっています。

HMB クレアチンサプリメントの飲むタイミングは筋トレ前に摂りたい

HMB クレアチンサプリメントは栄養補助食品のため飲むタインミングに決まりはありませんが研究結果などから考慮するとトレーニング前に摂取しておきたいサプリメントです。

おすすめのHMBクレアルカリン サプリ2選

hmbとクレアルカリンが配合されたサプリメントは2製品のみとなります。

LEVEL.FIT HMB KRE-ALKALYN サプリメント

HMB KRE-ALKALYN(クレアルカリン)高配合 アンチドーピング認証済み

1日分(12粒)にHMB 3333mg クレアルカリン1008mgを配合したサプリメントです。

詳細
HMB100,000mg
クレアルカリン30,240mg
内容量1袋360粒
価格2,980円
メーカーLEVEL.FIT
価格は税込み表示

MAGINA HMB KRE-ALKALYN サプリメント

詳細
HMB90,000mg
クレアルカリン28,500mg
グルタミン 12,000mg
内容量1袋450粒
価格2,980円
メーカーMAGINA
価格は税込み表示

HMBクレアルカリンサプリの比較

HMBとクレアルカリンが配合された2製品を配合量や内容量で比較したので参考にしてみてください。

LEVEL.FITMAGINA
HMB配合量100,000mg90,000mg
クレアルカリン
配合量
30,240mg28,500mg
グルタミン
配合量
12,000mg
内容量1袋360粒1袋450粒
1日の目安摂取量12粒15粒
アンチドーピング認証BSCG
価格2,980円 2,980円

KRE-ALKALYN(クレアルカリン )は All American Pharmaceutical 社の登録商標で各種特許を取得しています
(米国:#6,399,661)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる