クレアチンとクレアルカリンの違いを徹底比較

瞬発的なエネルギーを使用するアスリートに人気のクレアチン。直近ではクレアチンの問題点や摂取方法をより優位にしたアメリカの企業が生んだクレアルカリンが人気です。

この記事ではクレアチンとクレアルカリンの違いなど解説しています。

目次

クレアチンとは

クレアチンは主に肝臓で生成される全細胞の重要なエネルギーを生成するアミノ酸の代謝物質です。人間が日常の生活で消費する1日の消費量は約2gとされています。

クレアチンのメリット

クレアチンのデメリット

クレアルカリンとは

クレアルカリンは All American Pharmaceutical 社が特許を持つpHレベル10~12の唯一のクレアチン・モノハイドレートです。米国モンタナ州にあるcGMP、インフォームドチョイスの認証を受けた工場で製造されているのでドーピング検査に厳しいアスリートにも人気のクレアチンサプリメントです。

クレアルカリンのメリット

クレアルカリンのデメリット

クレアチンとクレアルカリンを比較

クレアチンとクレアルカリンの摂取量や問題点など比較したので参考にしてみてください。

クレアルカリンクレアチン
摂取量1.5g/1日5~20g/1日
水分量不要1.8L/1日
人体への影響特になし胃痛や下痢の可能性
ローディング期間 不要 20g/1日
メンテナンス期間 不要 5g/1日
老廃物となるクレアチニンへの変換率
酸や水への安定性

おすすめのクレアルカリンサプリメント3選

HMB クレアルカリン サプリ

メーカーLEVEL.FIT
価格2,980円
内容量360粒
形状錠剤

クレアルカリンEFX

メーカーKre-Alkalyn EFX
価格1,964円~2,790円
内容量120粒
形状カプセル

クレアルカリン EFX パウダー

メーカーEFX Sports
価格3,300円~3,467円
内容量220g
形状パウダー

クレアルカリンとクレアチンについてよくある質問

クレアルカリンとクレアチンについての質問をまとめましたので参考にしてください。

クレアルカリンは毎日飲んでも大丈夫ですか?

はい、毎日飲んでも大丈夫です。トレーニングを行わない日でもクレアルカリンの効果を高めるとされています。

クレアルカリンはいつ飲めばいいですか?

トレーニングの1~2時間前に摂取することをおすすめします。

クレアルカリンに副作用はありますか?

科学的根拠のある副作用はございません。

クレアルカリンとクレアチンの比較まとめ

クレアルカリンのサプリメントを筋トレの1~2時間前に摂取した場合としない場合では明らかに力の発揮が違うと体感できました。現在よりも腕を大きくしたりベンチプレスの重量を上げたいという目標がある方は特に体感しやすいと思います。

ぜひ一度試してみていかがでしょうか。

KRE-ALKALYN(クレアルカリン )は All American Pharmaceutical 社の登録商標で各種特許を取得しています
(米国:#6,399,661)

参考URL:http://kre-alkalyn.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる