育毛・増毛

抜け毛がシャンプー時や枕に10本|この本数って問題ない?原因と対策

抜け毛がシャンプー時や枕に10本|この本数って問題ない?原因と対策

抜け毛がシャンプー時や枕に10本|この本数って問題ない?原因と対策

枕に抜け毛が10本もこれって大丈夫?

シャンプー時に10本抜けたけどハゲない?

急に抜け毛が増えて大丈夫なのか、抜け毛を減らすおすすめの方法もご紹介します。

抜け毛がシャンプー時や枕に10本って異常なの?

抜け毛が10本抜けていて大丈夫なのか?という疑問に対して結論、健康的なヘアサイクルの人でも1日50~100本程度の抜け毛があるので異常ではないので気にしすぎることはないです。

私は毎朝シャワーを浴びるときに排水溝の掃除をするのですが、毎日10本程度は抜け落ちた髪があります。

今まで急に薄毛になった、ハゲたりということは1~2年ありません。

加齢による髪が細くなったくらいです。

では髪が抜ける原因をみていきましょう。

抜け毛が1日に50~100本もある原因

健康的な人でも抜け毛が1日に50~100本もある原因はヘアサイクルの休止期により古くなった毛が抜け落ちることです。

髪にはヘアサイクルというものがあります。

1本の毛には寿命があり、生えて抜けるということを繰り返しています。

ヘアサイクルの休止期(3~4か月)になると髪の毛の製造が止まり古くなった毛が抜け落ちていきます。1つ1つの毛髪が独立していて、すべての毛髪が同時で休止期になることはないのでにすべて同時に抜け落ちるということは通常ではありえません。

『朝起きて枕を見たら10本の毛がついていた。』

『シャンプーしたときに毛が10本抜けた。』

ということがあるのは通常のことであり気にしすぎると逆にストレスにつながり薄毛の原因になってしまいます。

ヘアサイクルが乱れると抜け毛が増えたり薄毛が進行したりしてシャンプーしているときに1度に40~50本抜ける可能性もあります。

抜け毛を増やさないようにするには日頃の生活の中で毛に健康的なことを意識して過ごすことが大事です。

抜け毛を減らすには血流循環を良くすること

抜け毛を減らすには髪へ栄養素をしっかり届ける血流循環が大事です。

血流が悪いと髪を成長させるために必要な酸素や栄養素が十分に届かず髪の成長を妨げてしまいます。

植物の芽に栄養素である水を上げないときちんと育たず枯れてしまうことと同じようなことです。

したがって血液循環を悪くすることはしない。しっから体にいいものを食べるということが抜け毛を減らす、薄毛を改善することの方法です。

シャンプー時に抜け毛を減らす対策

無駄な抜け毛を減らし丈夫な髪を育てるために気をつけたいシャンプー時の対策をご紹介します。

シャンプーを見直す

とりあえず安いだけでシャンプーを選んでいないでしょうか。

洗浄力の高いシャンプーには毛根にダメージを与えてしまう石油系や高級アルコール系の界面活性剤が入っているシャンプーはやめましょう。

アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

頭皮をよく洗いすぎるということをやめる

洗浄力が強いシャンプーで洗った方が汚れも皮脂もキレイになって頭皮がスッキリして髪に良い環境だとイメージしてしまいがちなのですが、強すぎると頭皮の保護をしているバリアにもなっている皮脂を取り過ぎてしまいます。

頭皮の洗い方に気を付ける

髪を濡らしシャンプーを手に取り髪の毛につけてゴシゴシして泡立てて毛髪だけを洗うような方法は頭皮の汚れがとれず毛髪にダメージをあたえてしまいます。

シャンプー時や枕に一度に抜け毛が50本もあった場合

1日を通して50本であれば許容範囲ですが、1度に50本あった場合は脱毛症や他の病気の可能性があります。

もし1度に50本抜けていたら毛髪や頭皮」を確認しましょう。

毛髪が軟毛化している場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性

前頭部や頭頂部の毛髪が細くなりボリュームが減っている場合はAGAの初期症状の可能性があります。男性の脱毛症の多くはAGA(男性型脱毛症)なのでAGAクリニックで診療してもらいAGAであった場合は早期に治療をすることをオススメします。

一か所など一部分だけまとめて毛髪が抜け落ちている場合は円形脱毛症などの可能性

頭皮を触り一部分だけ毛髪がごっそり抜けている場合はストレスなどによる単発脱毛症の可能性があります。

皮膚科の病院へ行き治療を行いましょう。

-育毛・増毛

© 2021 MENZ0