AGA

全スカを改善するおすすめの方法|原因と対策

全スカを改善するおすすめの方法|原因と対策

全スカを改善するおすすめの方法|原因と対策

全スカを治したい

全スカに植毛はできる?

全スカの対策を教えてほしい

全スカに対して悩めるあなた。

本記事では全スカに関する疑問や悩みを改善するおすすめの方法をご紹介します。

頭皮が全体的に薄毛になりスカスカな状態になる通称『全スカ』。

全スカはヘアスタイル(髪型)で隠そうとしても難しく早期で改善したい薄毛です。

全スカのことを知り、適切な改善方法を行うことをおすすめします。

全スカの原因

全スカの原因は4つの要素があると一般的には考えられます。

その中でも可能性が高いのはびまん性脱毛症もしくはAGA(男性型脱毛症)によるものだと思われますが他の原因も影響している可能性があります。

1.びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は髪全体のボリュームが薄毛になる脱毛症です。

女性に多く見られる脱毛症ですが男性でも起こります。

原因は女性ホルモンの働きやストレスなど様々な要素で起こります。

2.AGA(男性型脱毛症)

男性の薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)に該当します。

原因は遺伝や男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れ髪の成長が止まり、新しい毛も生えてこなくなる症状です。

AGA(男性型脱毛症)は5αリダクターゼという酵素が男性ホルモン『テストステロン』と結合し髪の成長を阻害する『ジヒドロテストステロン』に変化することでおこります。

AGAは5αリダクターゼを抑制する治療薬を飲むと薄毛の進行を防止させます。

また発毛効果のある内服薬と外用薬を併用することで失った毛を新に生やすことができます。

3.血液循環の悪化

髪の毛も皮膚や身体と同様にタンパク質からできています。

しっかりとした髪の毛をつくるために栄養素を毛母細胞に運ばないと髪の成長を阻害してしまいます。

血液の循環が悪いと髪の成長に必要な栄養素を充分に届けれなくなってしまいます。

4.皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰に分泌され頭皮に溜まると髪の成長を阻害し薄毛につながります。

適度な皮脂は必要ですが過剰だと毛穴がつまり髪が育ちません。

5.ストレス/生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れが食事や運動不足など不健康につながることは血行の循環を悪くしていまします。

またストレスが溜まっていることも自律神経を乱れさせ血行不良につながります。

全スカを改善するおすすめの方法

全スカは様々な要素で起きている可能性がありますがもっともおすすめの方法から紹介していきます。

全スカを皮膚科クリニックで治療する

全スカは頭皮全体的に薄毛になるびまん性脱毛症と薄毛の多くの原因を占めるAGA(男性型脱毛症)で全スカになっている可能性が1番高いのでまずは皮膚科クリニックで治療を始めましょう

費用も安く抑えることができ誰にもバレずに治療できる皮膚科が行っているオンライン診療クリニックをおすすめします。

オンライン診療はネットを通じて自宅にいながらオンラインで診療できるため病院側のコストも抑えられるので通院よりも費用が安く設定されていることがあります。

薄毛というナイーブなことなので人には見られたくないし治療していることなどもあまり知られたくありませんよね。

オンライン診療であれば通院をしなくてもいいので知り合いに偶然、クリニックに入っていくところを見られたり他の患者と出くわすことがないのでバレません。

オンライン診療の実績あり

クリニックフォアの公式サイトを見てみる

※自宅に居ながら診察してもらえる

全スカの改善ならオンライン診療がおすすめ

バレない・通わない・高くない』ならクリニックフォアのオンライン診療がおすすめです。

クリニックフォアはAGA専門のクリニックではなく皮膚科や一般内科など総合的な治療を行っておりテクノロジーを取り入れたオンライン診療が実績のあるクリニックです。

クリニックフォアの評判や口コミをまとめているのでぜひ参考にしてください。

全スカを植毛で改善する

植毛は自毛植毛と人口植毛がありますが全スカの状況やメリットなど様々な観点から考え自分にあう方法を選びましょう。

全スカ改善のためのAGAと植毛の比較

AGAと植毛どちらが自分にあっているのか比較検討しやすいように比較表を作成したので参考にしてください。

AGA 植毛
費用相場 予防薬 初月1760円~

発毛薬 初月8140円~

20~30万

※クリニックによって変わる

期間 3カ月~6か月で効果が見られる 4か月~8か月
方法 薬を飲む 自毛植毛は生きている細胞を薄毛の部分に移植する
メリット 原因がAGAであればほぼ改善できます。薬を飲むだけなので費用も毎月10000円前後になります。 AGAの影響を受けづらい場所の細胞を移植するので移植した毛髪は生着したら半永久的に生え続ける。
デメリット 副作用がでる可能性があります。飲み続けないと薄毛に戻る。 費用が高く効果が出るまでに1年近くかかる。また医師の技術により出来に差がでてしまう。

全スカは放置しても自然と改善することは、ほぼないので自分で意識して日常的にできること、専門家に協力してもらい治療することがあります。

全スカの対策

全スカを改善するために自分でできる対策として5つあります。

AGA(男性型脱毛症)や遺伝以外に普段の意識や生活の過ごし方で薄毛を改善する対策になります。

ストレスをためない

ストレスがあると自律神経の乱れでホルモンバランスが崩れたり不眠となってしまい健康的な生活を送れないようになってしまいます。

ストレスをためないためには規則正しい生活をし自分にあったストレス解消法を見つけましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣が乱れると体内リズムが乱れ不眠になってストレスをあたえます。

夜遅くまでスマホをいじって寝不足になってしまっていたり、食事内容が偏って栄養バランスの悪かったりすると血流の流れが悪くなったり生活習慣病になったり薄毛につながる可能性があります。

全スカが気になる方は自分の生活スタイルを見直して悪いと思うところがあれば改善しましょう。

運動をする

運動不足は肥満は生活習慣病のリスク以外でも精神的にも悪影響になってしまいます。

またデスクワークで座りっぱなしだと血流が悪いので適度に立ったり散歩をしましょう。

禁煙をする

タバコの煙には200種類以上の有害物質が含まれます。

不健康なうえに血流も悪くなり薄毛を気にするなら優先的に禁煙をしましょう。

シャンプーを見直す

シャンプーで髪を生やすことはできませんが、シャンプーは頭皮環境を整えるためには重要な役割です。

高いシャンプーを使う必要はありませんが、洗浄効果が高い上に頭皮へ悪影響のある高級アルコール系やオレフィン系の界面活性剤が配合されているシャンプーはやめましょう。

おすすめはアミノ酸系のシャンプーです。

NGな成分

・ラウレス硫酸Na

・ラウリル硫酸Na

・オレフィン(c14-16)スルホン酸Na

全スカの画像

全スカには初期状況など進行状況によって変わります。

こちらは男性の全スカ末期の状況です。

こうなる前に早めに治療をおすすめします。

全スカの髪型

全スカの状況次第で似合う髪型は変わってきます。

全スカ/長髪

全スカ進行度レベル1

全スカの初期状況だと長髪にし薄毛の箇所を隠すようにすることでバレづらくなります。

全スカ/短髪

全スカ進行度レベル2

全スカの進行度が進み徐々に全体的に薄毛が広がってきた場合は長髪では隠せなくなってくるので短髪にすることをおすすめします。

全スカ/坊主

全スカ進行度レベル3

全スカの進行度がかなり進行していて全体的に薄毛が広がり髪も少なくなってきた場合は坊主で頭皮が見えやすくする状態で全スカを分からないようにしましょう。

全スカを改善する方法まとめ

全スカで悩まないためには治療、植毛を行う必要がありますが費用、リスクなど考えないといけません。

本記事を参考にし全スカを早く改善しましょう。

全スカを改善するならAGA専門ではなく皮膚科も行っている専用のクリニックがおすすめです。

皮膚科や内科一般、AGAの薄毛など総合的なクリニックでオンライン診療の実績が高いおすすめの『クリニック フォア』です。

バレない・通わない・高くない

クリニックフォアの公式サイトを見てみる

※自宅に居ながら診察してもらえる

 

-AGA

© 2021 MENZ0