育毛・増毛

育毛剤のおすすめ人気ランキング!薄毛に効く堂々の1位はコレ

『鏡を見た時、地肌が見えるくらい髪が細くなった』
『最近、クシや枕に抜け毛が増えた』
このような悩みでこのまま放置しておいたらどんどん薄毛になりハゲになってしまうのではないかと不安になりますよね。

はい、何もせず放置しておいたらハゲてしまう一方です。

そこで『育毛剤』を使って抜け毛を予防しボリュームある髪にする頭皮環境を整えましょう。

発毛剤は副作用のリスクが高いので、まずは育毛剤から使用してみることがオススメです。

しかし、育毛剤を調べてみるとたくさんの種類の商品があって、どれも成分や値段も違うし何を使えば自分に合うのか分からないですよね?

本記事では育毛剤の選び方をAGAの治療も行っている皮膚科を営んでいる医師に監修していただきました。

この記事の育毛剤の選び方監修
天下茶屋あみ皮フ科クリニック 院長 山田 貴博医師
所属学会:日本皮膚科学会
2017年6月に天下茶屋にて開業。名古屋市立大学医学部卒。卒業後は大阪大学大学院医学系研究科 神経細胞生物学講座で基礎医学研究に従事。NTT西日本大阪病院、阪南中央病院で研修後、阪南中央病院皮膚科に勤務。
※記事内の育毛剤は監修者が推奨しているわけではありません

下記の基準でランキング化しましたのであなたにぴったりの育毛剤を見つけることができ失敗しない育毛剤選びができます。

ランキング

・育毛剤の選び方を専門家が監修
・発売されている商品50個から厳選
・有効成分の数と量のバランス

まずは育毛のプロである専門家に効果を実感するための育毛剤を選ぶうえでのポイントを監修していただいたので解説していきます。

育毛剤のおすすめ/選び方の3つのポイント

育毛剤は髪の毛を育てるケア、サポートするためのローションなのですが、厚生労働省で効果・効能として『育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛』が認められている成分が配合されている医薬部外品の育毛剤を選ぶことが最低条件です。

それに加え、薄毛の原因となる頭皮の悪い環境を改善する成分と育毛、発毛を促す細胞を刺激する成分、髪に栄養素を届けるための血行促進の成分がバランスよく配合されている育毛剤が理想です。

薄毛の原因は『頭皮環境が悪い』『AGA(男性脱毛症)』『ストレス』などさまざまな要因があり、正常なヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長期間が短く丈夫な毛に育たないまま脱毛してしまい、髪の毛の抜ける量が増え薄毛になります。

新しい髪の毛を育てるには最低3カ月はかかるので育毛剤で頭皮環境を整えるには継続して使用することがおすすめです。

発毛の流れ

  • 初期成長
  • 成長
  • 退行期(期間:2~3週間)
  • 休止期(期間:数か月)
  • 脱毛

継続して使用するにはコスパが良い方がいいので、値段もお財布にやさしいものを選ぶことをおすすめします。

育毛するために育毛剤は大事な要素の一つですが、日常の生活で関わってくる食事内容や運動、ストレスなども育毛、発毛に大きく関わってくることなので平行して生活習慣も見直すことをおすすめします。

育毛剤の選び方1:育毛力のある成分の配合バランスで選ぶ

育毛剤を使用する最大の目的は強くて太い髪を育てることなので、髪の毛を強く太くする条件は丈夫な血管からの酸素、栄養補給と清潔で健康な頭皮からの酸素補給が欠かせません。

それに抜け毛を減らすには、乱れたヘアサイクルを正し成長期に毛を太くさせ早く脱毛してしまわないようにする成分も重要です。

薄毛の悩みを解消するには『荒れた頭皮の環境を改善すること』と『栄養を細胞に届かせる血行を良くすること』『ホルモンを抑え無駄な脱毛を防ぐこと』の3つの要素をケアする成分がバランスよく配合された育毛剤を選ぶことが失敗しない秘訣です。

成分によって期待できる効果が異なるので一部、ご紹介します。

育毛、発毛を促す有効成分
医薬部外品として育毛、発毛を促す役割の効果・効能が認められた有効成分です。
・センブリエキス
血管を拡張させ血行促進する、毛根を刺激して育毛を促す有効な成分
・パントテニルエチルエーテル
毛母細胞に活力をあたえ発毛を促進させる成分

頭皮環境を改善する有効成分
医薬部外品として頭皮環境を改善する役割の効果・効能が認められた有効成分です。

・グチリルリチン酸ジカリウム
肌荒れが理由でアレルギー反応を起こす原因のダニや細菌などから肌を守る抗アレルギー作用がある
・塩酸ジフェンヒドラミン
炎症とかゆみもおさえ医薬品にも配合される

<頭皮の保湿成分>
・1,3-ブチレングリコール
皮膚を柔らかくし水分を増加させ保湿する。
・クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体
モズクから抽出した多糖体で保湿効果がありサラサラとしベタつかない。
・セイヨウキズタエキス
ウコギ科植物セイヨウキズタの葉や茎から摂れ水などと混合液で抽出されるエキスで皮膚柔軟化させて保湿を高める。

<抗アレルギー成分>
・シナノキエキス
シナノキ科植物フユボダイジュの花から摂れ水などと混合液で抽出したエキスでアレルギーの影響ある分泌物を抑制する働きがある。
・サクラ葉抽出液
バラ科植物サクラの栽培品種であるソメイヨシノの葉から摂れ水などと混合して抽出されるエキスでヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用

<抗菌成分>
・フェノキシエタノール
医薬品の防腐剤として使用されることが多く細菌の活性化を弱める働きをもつ

<抗炎作用>
・グリチルリチン酸2K
皮膚が紫外線を浴びると原因となるプロスタグランジンE₂を増殖するのを抑制し紅斑や過剰な炎症を抑制する

<抗酸化作用>
・トマトエキス
皮膚に対する紫外線の悪玉酵素ヒドロキシルラジカルの働きを抑制し参加を抑制する役割

<抗老化作用>
・スターフルーツ葉エキス
カタバミ科植物スターフルーツの葉から摂れ水などと混合して抽出される植物性エキスでコラーゲン産生促進し老化を抑制する

<皮膚保護バリア>
・ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン
セラミドの複合体で頭皮の角質細胞間に水分を浸透させ皮膚のバリア機能の役割

<消臭作用>
・カキタンニン
カキノキ科植物カキノキから抽出される成分で加齢臭などに関わるノネナールを除去、抑制する役割

ホルモンを抑え脱毛抑制する有効成分
男性脱毛症の引き金を起こす男性ホルモン(テストステロン)を抑制するホップエキス

<ホルモン酵素の抑制>
・冬虫夏草エキス
冬虫夏草はキノコの一種で抽出されたエキスが薄毛の原因となるホルモン酵素「5αリダクターゼ」の働きを減少させる役割

上記の成分はごく一部ですが、配合する成分によって育毛の効果・効能は変わってきます。

育毛剤の選び方2:頭皮に優しい成分を選ぶ

育毛促進や頭皮環境を整える成分がバランスよく入っていたとしても、育毛に影響をあたえる成分そのものが頭皮に悪影響であれば意味がないので頭皮に優しい成分でかつ育毛に効果のある成分が配合されている育毛剤を選びます。

育毛剤に配合されていることは少なくシャンプーなどに配合されている成分のうち洗浄力の強い石油系界面活性剤や高級アルコールが配合しているものは極力避けましょう。

頭皮に優しくない成分

  • 石油系界面活性剤
  • 高級アルコール

天然素材の界面活性剤は問題ないのですが、人口で合成された合成系の界面活性剤、石油系界面活性剤が入っている育毛剤はNGです。

基本的に界面活性剤は水と油など混じり合わないものを混ぜ合わせる役割をもっていて、洗浄力は向上されるので市販で販売されている多くのシャンプーやリンスに配合されています。

石油系界面活性剤
・ラウリル硫酸Naやポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミン
・α-オレフィンスルホン酸Na
合成系界面活性剤
・ラウレスサルコシンTEA、スルホコハクラウレス2Na、
・ラウレス-○酢酸Na、ラウレス硫酸Na・TEA、オレフィンスルフォン酸、
・パレスー3硫酸Na、※2ラウリル硫酸Na

育毛剤を選ぶときはこれらの成分が配合されているものを選ぶのは注意しましょう。
人によっては石油系、合成系のシャンプーの利用をやめ、ノンシリコンのシャンプーに変えただけで抜け毛が減った人もいます。

高級アルコールは医薬部外品表示名称だとラウリル硫酸、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミンなどで、洗浄力が強いのですが、肌への刺激も強く肌が荒れてしまう可能性が高いので注意しましょう。

アルコールという名前がついている『オレイルアルコール』や『D-パントテニルアルコール』という成分もありますが、これらは保湿であったり育毛促進の役割をする成分ですし、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)については問題なくクリアしているので肌への影響はほぼありません。

育毛剤の選び方3:使いやすさ、続けやすい価格で選ぶ

育毛剤を使用して2~3日で効果を実感できるわけではないので頭皮環境を整えるには継続して育毛剤を利用することがおすすめです。
したがっていくら効果があると言っても価格が高い、コスパがよくない育毛剤はNGです。

育毛剤の相場

  • 通販専用(5000円~15000円)
  • 通販モール専用(1000円~5000円)
  • 市販(500円~15000円)

育毛剤おすすめ/人気総合売れ筋ランキング

さきほど、ご紹介した育毛剤を選ぶときの3つのポイントをもとに選定した人気の売れ筋の育毛剤を5位までランキングしたのでぜひ参考にしてください。

1位:チャップアップ

 

総合評価

総合評価:5 成分評価(バランス):5 成分評価(頭皮ケア):5 コスパ評価:5
頭皮環境の改善ケア成分74種、育毛発毛促進成分34、脱毛抑制成分5。独自の成分に加えバランスよく育毛成分が配合されていた。
通常価格 8,840円
定期価格 7,400円
1日あたりの価格 246円
薬品分類 医薬部外品
返金保証 30日間

編集部コメント

4年連続で売上No,1で500万本の販売数を誇る最強育毛剤
チャップアップにしか配合されていない独自の成分『ジンゲルシックス』は局所刺激による血行促進作用があり通常のジンゲロールの効果が2倍です。他にも有効成分『トコフェロールニコチン酸エステル』や『D-パントテニルアルコール』が新しく配合され育毛有効成分が5種類になりました。

育毛剤を選ぶポイント1にある育毛力のある成分『頭皮環境の改善ケア』『育毛、発毛促進』『脱毛抑制』がバランスよく配合され頭皮にも優しい設計になっており余分な界面活性剤も配合されていないので女性も安心して使用できます。またこのバランスとれた成分に加え1mlあたりの金額が61.5円とコスパよく継続して使用するには成分も価格もお得な育毛剤といえます。

\最安値は公式!7400円!/

公式サイトで詳細を見る

※回数の縛りはありません

チャップアップの口コミ

抜け毛が減って髪の太くなってきました。
チャップアップを使いだしてだいたい2~3カ月くらいにお風呂入る時に抜け毛が少なくなったなぁと感じることがあり効果でたのかなと感じました。

チャップアップの口コミと検証レビューは下記ページより御覧ください。
チャップアップの口コミでの効果や評判は?検証してみた

2位:イクオスEXプラス

 

総合評価

総合評価:4.8 成分評価(バランス):5 成分評価(頭皮ケア):5 コスパ評価:4.5
頭皮環境の改善ケア成分103種、育毛発毛促進成分39、脱毛抑制成分5。独自の成分に加え頭皮環境改善ケアの成分が多めに配合されていた。
通常価格 8,778円
定期価格 7,678円
1日あたりの価格 255円
薬品分類 医薬部外品
返金保証 90日間

編集部コメント

育毛成分業界最多の124種配合でサプリメント付き
日本臨床試験協会(JACTA)による育毛評価臨床試験で『リデンシル』や『キャピキシル』よりも育毛評価が高かったイクオスEXプラス独自の成分『アルガス-3』は3つの海藻由来エキスからなる成分で髪の毛の太さが従来の成分や他成分よりも太くなったという結果になっております。

育毛成分が多く配合されているのですが、バランスが少し頭皮環境の改善ケア成分に偏っていたいました。しかし育毛に有効な成分が5種配合され身体の内面から育毛のための栄養素も摂取できるサプリメントも付属され返金保証も90日と他の育毛剤が合わなかったという方にも安心して試すことができるサービス内容になっています。

\最安値は公式!7678円!/

公式サイトで詳細を見る

※回数の縛りはありません

イクオスEXの口コミ

抜け毛が減りふけがでなくなりました。
市販で購入した育毛剤を使っていたのですが、効果を感じずイクオスに変えたら抜け毛が減りました。

イクオスの口コミと検証レビューは下記ページより御覧ください。
イクオスの口コミは効果なし?効果や副作用などの評判

3位:ポリピュアEX

 

総合評価

総合評価:4.3 成分評価(バランス):4 成分評価(頭皮ケア):4 コスパ評価:5
頭皮環境の改善ケア成分11種、育毛発毛促進成分6、脱毛抑制成分2。配合している育毛成分の数は少ないが17年研究している独自のバイオポリリン酸が毛乳頭細胞に直接働きかける
通常価格 7,800円
定期価格 6,800円
1日あたりの価格 226円
薬品分類 医薬部外品
返金保証 45日間

編集部コメント

楽天の育毛剤ジャンルでランキング1位
ポリピュアだけの独自成分を2つ配合。『ポリリン酸ナトリウム』は毛乳頭細胞に直接働きかけ細胞増殖指令を促す、またもう1つの独自成分『バイオパップス』はアミノ酸やビタミンを多く含む海洋酵母から抽出されて頭皮を改善する保湿成分。

記載の定期価格6,800円は公式サイトにてクレジットカードで購入した時の価格です。17年以上研究し進化しつづけるため長く愛用するファンも多く楽天の口コミ数は約10000件となっています。

\最安値は公式!6800円!/

公式サイトで詳細を見る

※回数の縛りはありません

ポリピュアEXの口コミ

地肌が目立たなくなってきた
嫁から薄毛を指摘されポリピュアEXを使うようにしました。早く使いだしたので予防ができ薄毛が進行していない感じがします。

ポリピュアEXプラスの口コミと検証レビューは下記ページより御覧ください。
ポリピュアEXの口コミで評判や効果をレビューしてみた

4位:フィンジア

 

総合評価

総合評価:4 成分評価(バランス):4 成分評価(頭皮ケア):4 コスパ評価:4
頭皮環境の改善ケア成分69種、育毛発毛促進成分32種、脱毛抑制成分6種。臨床試験として育毛に期待できる成分『ピディオキシジル』と『キャピキシル』が配合されているが未だ医薬部外品として有効性がないのでその分マイナス評価
通常価格 14,080円
定期価格 10,978円
1日あたりの価格 365円
薬品分類 -
返金保証 30日間

編集部コメント

ミノキシジルの兄弟『ピディオキシジル』配合
フィンジア特有の発毛を促すことで知られているミノキシジルとよく似た構造をもつ成分『ピディオキシジル』は血管を拡張させる期待のある効果や発毛の司令塔である毛母細胞に働きかける役割。天然の成分から開発された『キャピキシル』は育毛促進効果以外にも脱毛抑制効果があり『ミノキシジル』よりも期待されています。

フィンジア特有の2大成分が今後の認可の状況により育毛成分として期待されますが、価格感が少し高いです。

\最安値は公式!10978円!/

公式サイトで詳細を見る

※回数の縛りはありません

フィンジアの口コミ

ちょっと高いけど使わないと不安
頭皮がよく荒れることがあったのですが、フィンジアを使いだして血行がよくなってきた感じもするし、荒れることもなくなりました。

フィンジアの口コミと検証レビューは下記ページより御覧ください。
フィンジアの口コミってどう?育毛剤としての効果や評判はコチラ

5位:リデン

 

総合評価

総合評価:3.6 成分評価(バランス):4 成分評価(頭皮ケア):4 コスパ評価:3
頭皮環境の改善ケア成分42種、育毛発毛促進成分20種、脱毛抑制成分1種。リデンシルの配合が期待されるが防腐剤の「フェノキシエタノール」が配合されているので頭皮へのやさしさが少し欠けていました。
通常価格 12,980円
定期価格 9,845円
1日あたりの価格 328円
薬品分類 医薬部外品
返金保証 30日間

編集部コメント

ミノキシジルの2倍『リデンシル』配合
リデンに配合された『リデンシル』は臨床試験にて『ミノキシジル』の2倍の育毛効果が認められ評価が高まっています。

\最安値は公式!9845円!/

公式サイトで詳細を見る

※回数の縛りはありません

アデノゲンの口コミ

リデンシルの効果に期待してます。
広告でよく見かけるので購入してみました。抜け毛が減ってきてボリュームがでてきた感じがします。

リデンの口コミと検証レビューは下記ページより御覧ください。
リデンの口コミは育毛剤での効果や評判はどうなの?レビューしたよ!

育毛剤のおすすめ/効果

薄毛に対するWEBアンケートで8割以上の薄毛に悩む人がもっと若いころから薄毛予防に取り組むべきだったと後悔しているくらい薄毛予防として対策は重要です。

その薄毛対策の一つである育毛剤でケアする上で得られる効果を解説していきます。

育毛剤の効果

育毛剤は効果がないのではないか?という疑問を持つ声もありますが、育毛剤の効果としては『育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進。ふけ、病後・産後の脱毛、養毛』になります。

育毛剤を使うおすすめの方は、

・将来薄毛の予防をしたい
・抜け毛を減らしたい
・フケ、かゆみを抑える頭皮環境にしたい
・ボリュームのある髪にしたい

これらの悩みがある方におすすめです。

男性の薄毛の原因は大きくわけると『頭皮環境の原因』『遺伝』『男性脱毛症(AGA)』になります。

親もしくはおじいちゃんの髪が薄いので遺伝の影響で自分も髪が薄くなってしまうのではないかと云われるのはAGAの原因である5αリダクターゼというホルモンの活性度が高い遺伝子が引き継がれると男性脱毛症に高い確率でなってしまいます。

しかし、男性脱毛症の方はそのホルモンの影響だけではなく、頭皮環境がよくないことも関わっています。

育毛剤は頭皮環境を整えるには適した成分が多く入っているので薄毛対策には欠かせないアイテムといえます。

育毛剤のおすすめ/使い方

育毛剤、各メーカーの公式サイトに正しい使用方法があるので、その方法通りに使うのが重要ですが、ここでは専門家の方におすすめの使い方をレクチャーしていだきました。

育毛剤の使い方

まず育毛剤の正しい使い方をまとめると
① 頭皮に塗布する
② 優しくマッサージをする
③ 自然乾燥させる
※回数を守る

育毛剤の成分は頭皮環境を整える、育毛促進する毛母細胞に刺激をあたえる成分を頭皮や毛根に浸透させることが重要です。

よって育毛剤は髪の毛ではなく頭皮に直接、塗布することが大事です。
育毛剤は商品によってスプレータイプやノズルタイプなど液体がでてくる方法がことなりますが、各々メリット、デメリットがあります。

スプレータイプはプッシュ式なので使いやすいのですが、噴射するので液体が散布しやすい分、デメリットとして髪の毛につきやすくなってしまいますがメリットは広範囲で吹き付けることが可能なことです。

ノズルタイプは直接、頭皮に塗布しやすいのがメリットですが、デメリットとしてはピンポイントだけの塗布や場所によっては液だれしやすくなってしまいます。

マッサージの目的としては頭皮を揉みほぐすことで、頭皮を柔らかくし血行をよくすることで育毛剤の成分を浸透させる事と食事から摂取した栄養を毛根にしっかり届けやすいようにすることです。

まず注意点としては爪を立てずに指の腹で頭皮を揉むことです。
髪の毛ではなく、頭皮をマッサージしましょう。

動画で見た方が分かり易いのでこちらの動画を参考にしてください。

育毛剤のおすすめ/副作用

育毛剤をおすすめする理由としては副作用がほぼないということが大きく上げられます。

育毛剤の有効成分として認められている成分は安全性の試験をクリアしているので副作用はほぼないと言えますが可能性はゼロではないので、参考までにおよみください。

育毛剤の副作用

育毛剤の副作用として多いのが頭皮のかゆみ、かぶれ、他の可能性は動悸(どうき)などがありますが市販の風邪薬などでも副作用は起こりえるので必ずしも起こる症状ではありません。

育毛剤よりも発毛剤やAGAの治療薬の方が副作用は起こる可能性は高くなります。

-育毛・増毛

© 2021 MENZ0